5)講座・検定/EHS湘南本部,  EHS鎌倉

新緑の鎌倉で氣圧のレッスン

新緑が美しい五月の鎌倉で、上級クラスの「座位・氣圧背中」のレッスンをおこないました。

EHS鎌倉が活動しているのは、鎌倉駅から徒歩10分のGarden Spaceくるくるさん。

お庭が本当に美しく、今月は特に眩しいほどの緑と、鳥たちの声、遠くでこどもだちの笑い声

ときおり通り過ぎる江ノ電の音

縁側を全開にして

風鈴をゆらす爽やかな風

五感すべてが心地よく、幸せホルモン満タンの一日となりました

氣圧というのはEnergy Hand®の一つで、深い呼吸と集中力が必要な技術です。

私たちの体は、力を抜くと重くなります。

腕だけでも体重の約6%程度あり、60キロの人なら片腕で3.6キロもあります。

手の自然な重さに呼吸と意識の力を加えると、タオルを引いても動かなくなります。

「私にできるかしら?」と疑えばできないし、イメージしているツモリ、でもタオルはするりと抜けてしまいます。

でも自分を信じ、楽な姿勢で、集中すればこの通り、タオルはとまります。

体重をかけているわけでも、力をいれているわけでもありません。

この感覚をつかむことが、氣圧の第一歩です。

今回は座位15分という短い時間で背中のケアをする2つのコースを学びました。

特に頭部へのケアは、力を入れてしまうと、レシーバーの首に負担がかかってしまいますので、氣圧で丁寧に刺激していきます。

巻き肩で呼吸が浅くなっている方も多いので、温かい手でじっくり胸をひらいていきます。

短い時間でウトウトとお休みになるかたも多く、15分をとても長く感じ、満足感いっぱいのコースです。

特に心理的なストレスが強い、イライラしている、呼吸が浅い、やることがいっぱいで焦っている時などにぴったりです。

上級クラスになると、一通りの手技を覚えたからすぐできるというわけではなく、自信をもてる時期は人それぞれです。

「レシーバーの体の声を聴く」という意識で、必要なところに自然と手が動く、という感覚になるまで、ひたすら経験を積んでいきます。

みんな一生懸命!ほんとうに頼もしいです!

レシーバーの状態にあわせて、ぴったりのタッチケアが届けられるように、これからもみんなで切磋琢磨していきましょう。

 

この上級クラスは、Energy Hand®エキスパートの認定者を対象にしています。

あなたも温かい手で誰かを応援できる人になりませんか?

▼5月19日にのギバー講座はまだ募集中です

6月検定向け講座日程