7)EHS湘南本部~レッスン・資格

大阪に仲間が増えました!

目次

毎月第一日曜はエキスパート実技スクーリング。
タッチケアのプロを養成するレッスンです。
今月はまた新たに大阪に仲間が増えました。
始発に乗って大阪から湘南・辻堂まで。はるばるご参加くださる熱意に、ただただ頭が下がります。
非常に美しい姿勢で、温かいEnergy Hand®ができていて、もう10年のベテランです!という風格でしたね。
Energy Hand®タッチ・オイルでは、両手で10~15ミリ(大さじ1杯)のオーガニック・ホホバオイルを使用します。
全身のオイルボディトリートメントでも使用するのは30ミリ程度が一般的だと思いますので、手だけで15ミリ使用するというのは、本当に贅沢なことです。

そんなにオイルを使って、ベタベタにならないの?と思われるかもしれませんが、施術が終わるころにはたっぷりしみこんで、しっとりした保護膜となり、長時間保湿効果を感じることができます。
しっとり、うるうるです。
それはまるで肌がオイルをゴクゴク飲んでいるような感じ。お肌のご馳走です。
ホホバオイルは皮脂の成分に似ているため浸透性が高い上に、皮膚表面をコーティングする力も強い素晴らしいオイルなのです。
Energy Hand®はオイルを使用しないドライの技術もありますが、どちらとも「氣めぐり」を促す技術です。
その効果を得るためには呼吸とイメージが重要!
大地から吸い、てのひらから吐く、というイメージを繰り返し練習します。
大地につながるためには、グラウンディングが必要なので、イメージだけでなく姿勢などもしっかり学びます。
Kさんは頑張り屋さんの特徴でもある反り腰タイプ。
反り腰だと上半身と下半身の氣が切れてしまうので、せっかく大きな氣をとりいれてもうまく使うことができません。
無理しない、頑張らない、ということがEnergy Hand®のコツ。
正しく地球という充電器にささることができると「こんなに楽でいいの?」という不思議な感覚になります。
骨盤の角度などをなおして、グラウンディングの姿勢で立っていただくと、どこから押してもふらふらしません。
「こんなふうに立ったこと、今までないです!なんだか不思議な感じ。」
そうなのです!
孤立してがんばって立つのではなく、地球の一部のちょっとした「でっぱり」として立つことができれば、様々なことが楽になってきます。
7時間のレッスンを終える頃には、参加した全員が「元氣」で満ちあふれています。
「お帰りはタクシーを呼びますか?」という問いに
「いえ、駅まで歩きます!」というお返事。
始発で新幹線にのって初めての場所にきて、7時間のぶっつづけの実技の後に、これから大きな荷物を担いで三十分も歩いて駅まで帰ろうというくらい「元氣」なのです。
さぁここから、6月の検定に向けて、身近な人と一緒にたくさん実践を重ねていきましょう!
大阪にも、がんばっている人を応援する温かいエナジーハンドステーションが誕生する日を夢見て、一緒にがんばりましょう♡
***
▼6月検定に向けて、4月スタートがオススメです。
4月期は、4月15日申し込み締め切りです
4月21日(日)ギバー実技スクーリング
5月5日(日)エキスパート実技スクーリング
6月8日(土)エキスパート検定
→まずはホームケアの花まるタッチ®ケアギバー講座からスタートです