1)タッチケアのやり方と事例,  こども・家族

タッチケアのやり方~0歳ベビーねんね期編

ありがとう 大好きだよ
たくさんの幸せが訪れますように
心をこめて
ねんね期をすぎた人はこちをどうぞ→年代別タッチケアの楽しみ方
 

▼童謡を唄いながらおむねのタッチケア

●ねんね期のタッチケアは一生の財産です

これから赤ちゃんを迎える皆さま、すでにご出産の皆さま、おめでとうございます

乳幼児期に経験する愛情たっぷりのタッチは、こどもの一生を支える心の土台を築きます。ねんね期ならではの温かい時間をおもいきりたのしんでくださいね。

●タッチケアとは?

お肌に優しくふれることで幸せホルモンを増やし、ふれる側もふれられる側も、共に心身の健康を増進する手当法です。

●乳幼児期のタッチケアの主な効果

  • 愛着形成(特定の人との絆)
  • 人を信じる力、愛する力を育てる
  • 心の安定
  • 体の成長促進

⇒効果の理由についてもっと詳しく

●いつから楽しめる?

動画のお背中のタッチケアは、首が座る前は抱っこの姿勢で、どのタイミングでもお楽しみください。授乳後のげっぷをだすタイミングにも良いでしょう。

首が座った後は大人のヒザにもたれる姿勢でも楽しむことができます。添い寝の時にも喜ばれます。

●おやくそく

✅タッチケアは一対一のコミュニケーションです。

✅スマホを見ながら、ドラマをみながら、他の人と話しながら「ながら」ではなくほんの30秒でいいので、ふれる感覚に集中して楽しみましょう

✅手順を覚えるまでは、動画をみながら「赤ちゃんで練習」しないでください。ぬいぐるみやお人形で手順を覚えてから実践しましょう

✅ベビーが嫌がるときはやめましょう

✅大人が疲れすぎている時や、気分がのらない時はやめましょう

それでは、温かい手と笑顔と声のシャワーで幸せホルモンいっぱいの時間を楽しんでくださいね♡

●準備編

まずは自分の手を温かくして、リラックスしましょう!
お互いがキモチイイ~♪と感じることで、幸せホルモンが増えて心身ともに健康効果が期待できます。

目と目をあわせます。

ベビーの目の真上にギバーのお顔がくる位置に座りましょう。足にふれながら「あんよのタッチケア、はじめるよ~♡」と声をかけてから、スタートです!その日の気分で、一部分だけでも全身でもOK。自由に楽しみましょう!

●幸せホルモンを増やすポイント

  • 笑顔で視線をあわせる
  • 温かい手でふれる
  • 心をこめてふれる
  • 力を抜いた自然な重みの手でふれる
  • 体の外方向へ優しくなでる

●いつでも・どこでも楽しめる30秒の花まるタッチ®のやり方

★はじめる前に了解を得る

「〇ちゃん、花まるタッチしましょうね」

  • てのひらで温める

「〇〇のタッチ、はじめるよ~

  • 時計回りにくるくるまわす

いいこ、いいこ

  • 花びらをえがく

は・な・ま・る・た・っ・ち

  • てのひらで温める

ありがとう

息を吐ききり、温かい手が残るようにゆっくりはなす

⇒もっと知りたい方は花まるタッチ®ケアギバー講座